新居浜太鼓まつり...喜光地 東新山

喜光地 東新山【新居浜太鼓まつり】
喜光地東新山保存会『東新会』公式ブログ

喜光地東新子供太鼓台(呼称:東新山)
創建:昭和42年(1967年)
氏神:浦渡神社、内宮神社
運営:喜光地自治会連合
担夫:喜光地町周辺(旧東新地区)子供父兄
維持管理:喜光地東新山保存会
飾幕作製:兵庫淡路 梶内近一氏
名称:平成20年「喜光地東新子供太鼓台」に変更

秋季例大祭:10月16、17,18日に新居浜市で行われる「新居浜太鼓祭」に奉納される太鼓台。
春祭り:5月3、4日に行われる「春はこども天国」にて町内を練り歩きます。

Facebook
www.facebook.com/kikoujitoushinyama


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
53
存続か否かを考える

 地域の祭りを絶やさないための工夫で、祭り山車の担ぎ手不足に悩む地域は少なくない。著名な祭りでも、ほかの地域から多くの担ぎ手が加わっている。その様な地域の考えは、祭り山車の存続が最優先との意見が大多数である。
 一方で、単に人を集めるだけでは、その地域への敬意に欠けるなどして、うまくいかないケースもある事より他の地域の担ぎ手を入れない祭りも少なくない。
 いずれにせよ、地域の神に敬意を示すことができるかの問題ではないだろうか。

 

 祭りはどんな意味を持っているかとの問に、「自分が小さい頃からあったもの」だから「あって当然のもの」だと思う。つまり、自分たちが生まれる以前から先祖らによって「継続されるべきもの」として催行されてきた祭りは、自分たちの好き勝手で存続を左右してはいけないものとしてそこに存在する。
 ただし、逼迫した今日の人手不足、経済状況下で、潜在的な否定的意見が存在しながらも続けられる町の祭りは、「代々続いてきた」からやめられないだけのものではないだろう。
 町にとって、太鼓台の巡行とは、元来、個々の家の集まりでしかなかった町に、つながりの契機を育む活動の一環として存在していた。各々が横のつながりを必要としていなかった近代期の状態を「競合」と捉え、その階層性や排他性が大きく働く町内で行われていた祭りを古い形の「共同」とみなすならば、親睦を深めながら巡行されるようになった太鼓台は、新しい「共同」の相を示していると言えないだろうか。
 

 我町では、まさに昭和期より青年層が培ってきた新しい「共同」が、今日の太鼓台巡行を支えていると言うことができる。そして、多くの経費と手間を伴うこの催事を行い続けている保存会は、再び町の「共同」の機運が盛り上がった際の活動の母体となりうる存在である。だからこそ、祭りを横のつながりの最後の砦とみなし、毎年の太鼓台巡行を続けているのではないか、つまり、人々にとっての祭りの存続は、我々の生活の場の存続を懸けた、極めて重要な意味を含んだ問題なのである。

 

 

 

 

| その他 | 23:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
134
顧問の祭り日記 〜 御神幸祭篇 〜

しんぼタマランきん行ってきたわねーー

 

 

 

 

 

ラスト御神幸祭

ほんまにラストかもね・・

 

 

 

試に細〜いヤツで

一人結わえしてみたとこ

ぜんぜんオッケー

 

 

 

 

 

タプタプに水分すった

この子も正装して

 

 

 

 

昨年と違い

まーまーの人手で御旅所へ

 

 

 

見たことない車ギリあったんで

念のため

オバちゃんが貼っておいてくれた

 

 

 

 

神サン場所間違え

 

 

 

中坊達も間違え

 

 

 

やっと到着

 

 

 

時間オシ気味で

 

 

 

開式

 

 

 

 

終わって

会所戻ったらOB乱入

 

 

 

 

だんだん遊具化していき

 

 

 

 

第二期「東新ガールズ」参上

 

 

 

 

 

今年デビュー「東新ボーイズ」参上

 

 

 

みるみる子供増え

「オイチャン、どっか行かんのん」

 

 

 

 

しゃーなしで、低床提灯くぐりに出かける

 

 

 

 

スシローと古房

 

 

 

 

いろいろあり

早仕舞い

お花ありがとうございました

 

 

 

 

もーここへは・・

入らん気がしたんは

気のせいだろか?

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

| 2017例大祭 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
102
顧問の祭り日記 〜氏子安全祭篇〜

タイコ タイコ 言よる人ー

宇多津の祭りもアブナイねー

困ったねー

 

 

 

ほんじゃ、氏子安全祭

 

 

昨日のアソコ神社と

打って変わって

 

ココは

20分待ち&15秒拝みで終了

総合病院かぃ コレコレ

 

 

 

 

ツレらから「行くよー」

言われても

雨ひどいし、人おらんし、子供ら「行きたない」意見じゃし

お電話して「欠席」しました

 

 

 

下取り?

なんぼしてくれるんだろか?

 

 

 

 

傘と子供総員

 

 

 

 

ヒマなんで

ファッションショー

 

 

 

 

 

 

ファッションショー

 

 

 

 

 

ファッションショー

 

 

 

 

 

コイツも

ファッションショー

 

 

 

 

 

みんな濡れたくないんで

 

 

 

 

 

とりあえず午後から

近場にお出かけしました

 

 

 

 

 

オイチャン達は

秘密会議

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

| 2017例大祭 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PR
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ